ローンで失敗しないために

ローンで失敗しないために

気軽に借りられるローンが増えたらこそ気を付けたいのが、計画的な利用です。いつのまにか返済が滞ってしまう人も少なくありません。
「キャッシング」「カードローン」といった呼び名ですが、借金であることには変わりがありません。カードローンではいつでも、何度でも借入と返済を繰り返せます。少額なら、住宅ローンのように先を見通して返済計画を立てないまま借り入れをしてしまうケースもあるでしょう。自分の月々の収支と照らし合わせ、借入金に応じたローンの返済がどの程度の負担になり、いつまで続くのかを試算しましょう。
少額のローンでも、借り続ければ利息が膨らみます。「このくらいなら返せる」といった見込みが外れ、返済能力を超えてしまわないよう注意も必要です。分割なら払えると考え、ショッピングローンで家電や車など高額の買い物をするのも危険です。返済能力を見誤らないよう、病気や失業など不測の事態も考慮に入れて借入をしましょう。
ATMと提携したローンが増え、まるで自分の預金口座からお金をおろす感覚になりがちなのもローンのアブない点です。あくまでもローンは借金ということを忘れずに。

 

ネット上には収入額、借入額、利息などを入力して月々の返済額を試算できる「ローン計算機」「ローンシミュレーション」のサービスもあります。上手に活用して、確実に返済してください。