生活費補てんならカードローンにお任せ

生活費補てんならカードローンにお任せ

ほんの少しだけ生活費が足りない時に借入をするなら、銀行のカードローンが安心です。銀行なら経営が安定していますし、何といっても他の民間金融機関と比べて低金利です。
少し大きな額が必要な場合も、銀行がお勧めです。銀行系も含め、一般の民間金融機関は貸金業法の制限により総借入額が年収の3分の1以下に抑えられています。しかし銀行は銀行法の下で営業しているため、3分の1制限が適用されません。高額借入も低金利なら安心です。生活費の補てんにはカードローンで使う分だけ借入をし、給料日など収入があったらすぐに返済するようにしましょう。カードローンは何度でも借入可能なため、必要な時に新たな審査・契約なしにすぐ融資が受けられます。ただし、自分の預金を出し入れする感覚になりやすく、いつの間にか借入がかさまないよう要注意です。

 

銀行系消費者金融のカードローンは利息が高いイメージがあるかもしれません。もし利用するならできるだけ低金利の業者を選ぶのが大切です。借入から返済までの期間がごく短くて済むなら、10日間など一定期間は無利息のカードローン・フリーローンを活用してはどうでしょうか。これなら、銀行よりも返済額が少なくて済みます。もちろん一定期間を過ぎれば利息が発生するので、必ず返済できるというアテがある時に利用するのが良いでしょう。
銀行でも、無利息のキャンペーンを実施していることがあります。どちらがお得になるか、よく考えたいですね。