学生はお金を借りられる?

学生はお金を借りられる?

生活費を始めて意識するのが、進学による1人暮らしという人は多いかもしれません。大学進学で実家を出て1人暮らしを始める際、新生活の準備に約60万円かかるといわれます。もちろん入学金などは別ですから、かなりの出費になるでしょう。

 

さらに毎月の生活費と家賃を合わせた金額は、自宅から通う学生が月額約3万1000円なのに対し、寮生では約6万7千円、下宿屋アパート暮らしなら約8万7000円にのぼります。仕送り額の平均は約9万円ですが、経済状況が厳しい中で仕送りの額は減少傾向だそうです。アルバイトをしてもまとまった金額を捻出するのが難しいなら、借入も1つの選択肢です。国の教育ローンや銀行の低金利教育ローンを利用できれば、安心でしょう。
授業料だけではなく、新生活準備に使えるローンもあります。どうしても生活費が足りない、急に用立てなければならないときには学生ローンも利用されているようです。定収入がない学生は融資を受けられないのがふつうですが、学生を対象にしたローンも一部には存在します。学生証を提示して審査に通れば、借入可能です。アルバイトによる収入は不安定な場合も多く、学生ローンが膨らんで親が代わりに返済するケースもあります。自分で返せる範囲を見誤らないようにしましょう。